人気ブログランキング |
白馬小径の風景 51
a0014840_1651219.jpg
「一点透視の世界 第33回」

そして白馬小径の風景№51
北に向かった風景です。

山の高さによって
太陽の位置によって

おなじ場所から見える風景も
北と南で全然違います。

これが午後3時半過ぎだと思うと
やはり信州の冬は夕暮れが早いです。

よく安曇野を日本の原風景と
いうことがありますが

白馬にも似た世界を
感じるときがあります。

まるで切り絵の中の世界のような
寒くて寂しげな夕暮れの影

余計な建物がない白馬には
山の存在がとても雄大な影をつくり

日本の冬の寒さを
思い出させてくれるのです。
by mc1998r | 2008-11-30 23:39 | 一点透視の世界
<< もうひとつの道 白馬小径の風景 50 >>