<   2011年 05月 ( 87 )   > この月の画像一覧
毎日はなんとなく忙しく
a0014840_23145493.jpg
そういえば

今日で5月も
終わりなんですね。

毎日なんとなく
忙しくて

気がつけば
もう6月。

安曇野を見ると
いつのまにか

麦も大きく
なっていました。

僕もこんな風に

日々成長して
いるんだろうか。
[PR]
by mc1998r | 2011-05-31 23:17 | life | Trackback
緑色の道
a0014840_2332236.jpg
久しぶりに
走った

安曇野の森は

5月の
梅雨の匂いと

緑色の風。
[PR]
by mc1998r | 2011-05-31 23:04 | life | Trackback
あともうちょっと
a0014840_22585868.jpg
今朝はいい感じ
だったのにな。

午後1時半の
安曇野の空は

ふたたび
梅雨の空に。

あともう
ちょっとで

山が見える
のにな。
[PR]
by mc1998r | 2011-05-31 23:00 | life | Trackback
青くなる空
a0014840_10474195.jpg
火曜日の
安曇野は

いい天気に
なりそうな

静かな朝です。

ん〜

澄んだ空気
青くなる空

今日も
がんばろう。
[PR]
by mc1998r | 2011-05-31 11:08 | life | Trackback
雨上がりの空に
a0014840_22315615.jpg
雨上がりの
安曇野は

少しひんやりと
澄んだ空気。

雲の隙間から

青空が
顔を出すと

ココロまで

明るく
なってきました。
[PR]
by mc1998r | 2011-05-30 22:46 | life | Trackback
雨が上がって
a0014840_20453025.jpg
PM 5:50

安曇野は
雨が上がって

少し明るく
なってきました。

ふー
[PR]
by mc1998r | 2011-05-30 20:46 | life | Trackback
夜行バス
a0014840_13121398.jpg
雨をはじく
タイヤの音

ヘッドライトが
夜の闇に

あらわれては
消えてゆく。

窓にあたる
雨の気配

夜を抜けてゆく
高速バス

ラジオも届かない
夜へ向かうバス。
[PR]
by mc1998r | 2011-05-29 23:50 | 旅する時間 | Trackback
レコード
a0014840_20594975.jpg
土曜日の千葉は
雨模様です。

梅雨入りしたから
仕方ないけれど

なんとなく
重たい雨の午後。

久しぶりに
実家にある

レコードが
聞きたくなって

ガラスケースを
開いたら

なつかしい
匂いがした。

1982年 浜田省吾 
「PROMISED LAND〜約束の地」

あれから29年も
経っていたんだ。

忘れていた時間を
思い出したように

広がってゆく
あの頃の思い。

29年も経った今
わかることもあって

今更ながら
音楽のすごさを

感じています。

B面の5曲目の
「僕と彼女と週末に」

”いつか子供達に
この時代を伝えたい

どんな風に人が
希望を継いできたか”


9分の歌の中にあった
未来の日本が

今僕らの見ている
日本と重なって見えた。

EP LP CD
カセットテープ

レコードの
先にあった未来は

音楽を少し
味気ないものにして

僕らは進化という
言葉と引き換えに

考えるということを
忘れ始めていた。

いい音楽は
変わらない

僕らの未来は
変えられる。
[PR]
by mc1998r | 2011-05-28 20:46 | 帰郷 | Trackback
みどり色は5月の色
a0014840_1950879.jpg
緑の
木の下で

空を
見上げたら

5月の空に

葉っぱが
透けて見えた。

新緑の緑は

何度見ても
シンセンで

新しい季節の

はじまりを
感じる。

安曇野にも
東京にも

ふるさとにも

新しい季節が
降り注ぐ。
[PR]
by mc1998r | 2011-05-27 19:55 | leaf | Trackback
一息ついて
a0014840_1105623.jpg
梅雨前の空は

今にも雨が
降り出しそうです。

雨は雨で
いいのですが

重たい空を
見上げていると

きれいな
安曇野の空に

会いたく
なります。

そんなわけで
一息ついて

「一点透視の世界 第111回」

5月2回目の

一点透視の
世界からは

夕暮れの
田んぼ道より

お送りします。

5月の夕暮れは
冬の夕暮れよりは

寂しくは
ないけれど

冷たい風に
ココロが揺れて

なんとなく
ヒト恋しくなる。

春を迎えて
緑の季節に

なったと
いうのに

安曇野の
夕暮れは

どこかいつも
寂しげです。

でもこの

黄昏感が
いいのです。

夕暮れの風景に
一息ついて。
[PR]
by mc1998r | 2011-05-26 11:19 | 一点透視の世界 | Trackback