<   2009年 10月 ( 139 )   > この月の画像一覧
神無月を振り返る その2
a0014840_23543057.jpg
そして
なんといっても

先日訪れた
京都の風景は

久しぶりで
とてもよかったです。

朝まだ早い
安曇野を出て

午後にはこうして
哲学の道を歩いている

その現実が
なんともカンドウ的で

あ~行ってよかった
そう思える時間でした。
[PR]
by mc1998r | 2009-10-31 23:56 | life | Trackback
神無月を振り返る
a0014840_2346986.jpg
いよいよ今日で
10月も終わりです。

そんなわけで今夜は

あれよあれよと
過ぎ去った10月を

振り返りたいと
思います。

まず最初は
久しぶりに訪れた

東京は銀座の夜を。

オトナな街のネオンが
とてもなつかしく

戻りたいわけでは
ないのだけれど

ほんのちょっとだけ

東京もいいものだと
感じた夜でした。
[PR]
by mc1998r | 2009-10-31 23:50 | life | Trackback
快晴の土曜日
a0014840_2028365.jpg
土曜日の
安曇野は

朝から
いい天気です。

気持ちいい空と
やわらかな空気

野焼きの煙が
ゆっくりと

風に流れて
空にとけて。

10月最後の
土曜日は

朝から
いい天気です。
[PR]
by mc1998r | 2009-10-31 20:32 | life | Trackback
そろそろ冬支度
a0014840_23405492.jpg
明日で10月も
終わりです。

今年も残り2ヶ月、
あと62日。

声に出して言うと

やっぱりちょっと
あせります。

安曇野の風景も
日毎冬へと変化して

僕もそろそろ
冬支度をはじめないと。

ま、何はともあれ

今週も
おつかれさまでした。
[PR]
by mc1998r | 2009-10-30 23:43 | life | Trackback
おうちにかえろう
a0014840_19831100.jpg
鳥たちが
家路を目指して

飛んでゆきます。

ひこうき雲が
安曇野の空に

白い線を
引いてゆきます。

クルマのライトに
ほっとして

通り過ぎる

電車の明かりに
ほっとして。

金曜の夕暮れが
終わってゆきます。
[PR]
by mc1998r | 2009-10-30 19:14 | life | Trackback
月がきれいな夕暮れの安曇野に誘われて
a0014840_1733148.jpg
月がきれいな
夕暮れの安曇野に誘われて

今日も散歩に
出ることにしました。

ご近所さんと
挨拶をしながら

少し大きくなった犬に
飛びかかられながら

いつものペースで
いつもの風景を歩く。

空気が
冷たくなると

遠くの明かりが
よく見える。
a0014840_17331388.jpg
高速道路を走る
クルマのライト

遠くの町明かり。

月がきれいな
夕暮れの安曇野に誘われて

今日も僕は
ひとり歩いています。

夕暮れの安曇野には

金曜日のせわしさも
終業の慌しさも

届かないようです。
[PR]
by mc1998r | 2009-10-30 17:39 | life | Trackback
秋の交差点
a0014840_17204329.jpg
PM 2:46

安曇野の
午後の風景は

とてもあたたかく
おだやかで

金曜日という
気がしません。

山の紅葉も
いよいよ本格的

今はきっと
秋の交差点で

目の前に見える
冬へと一歩

歩きはじめようか、
まさにそんな感じ。

秋の交差点は
視界良好。
[PR]
by mc1998r | 2009-10-30 17:24 | life | Trackback
最近の朝
a0014840_1613655.jpg
最近の安曇野の
朝の風景は

9時半くらいまでは
こんな感じに

白い霧に包まれて
幻想的になっています。

今日は金曜日
10月もあと1日

安全運転で

がんばって
ゆきましょう。
[PR]
by mc1998r | 2009-10-30 16:14 | life | Trackback
寒くなる日々
a0014840_2256476.jpg
夕暮れの空に

寒そうな雲が
広がってゆく。

この雲を見ると
安曇野に

また寒い冬が
やってくるのだと

実感します。

今週もあと一日
今月もあと二日

お互い風邪など
引きませぬように。
[PR]
by mc1998r | 2009-10-29 22:58 | life | Trackback
夕暮れと月と軽トラと
a0014840_20213624.jpg
秋の夕暮れには
月がよく似合う。

安曇野の広い空に
月はそっと僕らを

見守るように
やさしく浮かぶ。

秋の夕暮れには
月がよく似合う。

田んぼにとまった
軽トラックが

あまりにも
自然にそこにいて

すべてが
あたり前のように

僕の目の前で
つながっている。

夕暮れと月と軽トラと
僕はおなじように

安曇野の夕暮れに
なじんでいるだろうか。
[PR]
by mc1998r | 2009-10-29 20:27 | life | Trackback