<   2009年 01月 ( 79 )   > この月の画像一覧
あたり前のシアワセ
a0014840_2329228.jpg
PM 5:05

夕暮れの
この風景を見ていると

ほっとします。

今日も無事に
終わったなって

今日もいい一日
だったなって

いろいろな場所で

安曇野の風景を
見ているけど

なにげない
この風景を見ていると

ほっとします。

あたり前のように
今日が終わること

あたり前のように
この場所にいること

あたり前のシアワセを
確かめられること。

安曇野の
この風景を見ていると

ほっとします。
[PR]
by mc1998r | 2009-01-31 23:34 | life | Trackback
ことばのチカラ
a0014840_2218583.jpg
最近いろいろなヒトに会う

家を建てるヒト
家の設計を考えるヒト

写真を撮るヒト
ホームページを作るヒト

お店をやっているヒト
パンを焼くヒト

時計をなおすヒト
夢を語るヒト、かなえるヒト

時々僕はどんな
ヒトなんだろうと思う

今日もヒトのチカラと
ことばのチカラにささえられ

僕たちは前を向いて
生きている。
[PR]
by mc1998r | 2009-01-31 22:24 | life | Trackback
1月の雨粒
a0014840_2148066.jpg
1月最後の安曇野は
冷たい雨になりました。

午前中打合せで
蔵久まで行ったとき

門をくぐると
木々の枝に雨粒が

春のつぼみのように
キラキラと光っていました。

その小さな雨のつぼみに
気づけたこの瞬間がうれしくて

誰かに言いたくなって
でも言う相手がいなくて

だから今、そっと
ひとり言のように

その時間を
カタチに残すのです。
[PR]
by mc1998r | 2009-01-31 22:11 | life | Trackback
ほっとする夜。
a0014840_21402617.jpg
クルマが通るたびに

アスファルトの雨を
はじく音がする。

今夜は静かな
雨の夜

こんな夜はゆっくりと
おやすみコーヒーを。
[PR]
by mc1998r | 2009-01-30 21:40 | life | Trackback
雨の予報
a0014840_21183840.jpg
金曜日の安曇野は
寒くないくもり空でした。

ラジオでは午後から
雪ではなく雨の予報。

1月の安曇野に
雨が降るのは

調子がくるうというか
冬らしくないというか

なんともゼイタクな
ことを思いながら

今週もようやく
金曜日です。

午後4時前に
この風景を見ていたら

ポツポツと
雨が降りはじめました。

1月の終わりに降る雨

今週も、
おつかれさまでした。
[PR]
by mc1998r | 2009-01-30 21:22 | life | Trackback
中央道から見える空
a0014840_23495074.jpg
飯田からの帰り道

中央道の隣には
安曇野とは少し違う

山の風景が
見えていました。

これは
どのあたりなのか

山の名前さえも
わからないけど

雄大な自然と
白く光る雪山に

信州のすばらしさを
感じました。
[PR]
by mc1998r | 2009-01-29 23:52 | life | Trackback
深呼吸
a0014840_23421434.jpg
大きく深呼吸したくなる
木曜日の朝の風景。

鼻の奥が
つんとするくらい

寒い朝だけど

大きく深呼吸したくなる
安曇野の朝の風景。
[PR]
by mc1998r | 2009-01-29 23:45 | life | Trackback
朝の色
a0014840_23171413.jpg
AM 7:19

今朝の安曇野は

とてもきれいな
朝の色をしていました。

寒暖のはげしい
信州らしい朝の寒さに

ゆっくりと朝日が
顔を出すと

からだがじんわり

温かくなったように
感じます。

朝日を浴びるのって
タイセツなことなんですね。
[PR]
by mc1998r | 2009-01-29 23:23 | life | Trackback
眠たそうな月
a0014840_0131462.jpg
6時過ぎには
安曇野に帰れました。

出かけるときは
あんなに暖かかったのに

雲ひとつない夕暮れが
見たかったのに

ま、毎日いろいろ
あるわけだから

仕方ない、仕方ない。

クルマをとめて
いつもの風景を見たら

眠たそうな月が

そっとこちらを
見つめていた。

今日もおつかれさま。
[PR]
by mc1998r | 2009-01-29 00:17 | life | Trackback
彼方
a0014840_23574771.jpg
大町に入ると

夕暮れと夜の
境目の空が見えた。

白馬よりも大町の方が
日没が遅いのに

寂しげな空気は
変わらなかった。

どうやら
あの空の彼方に

僕の気持ちごと

連れていって
しまったようです。
[PR]
by mc1998r | 2009-01-29 00:01 | drive | Trackback