<   2006年 11月 ( 65 )   > この月の画像一覧
空に求める
a0014840_23324848.jpg
夕暮れの空を見て
求めるものはなんですか

やすらかな時間
それともほっとできる風景

絶え間なく続く毎日に
ほんの少し疲れたら

安曇野の夕暮れを見ましょう。

夕暮れの空を見て
求めるものはなんですか

うれしい思い
やさしい思い

毎日の中で
忘れてしまいそうな

タイセツなものたちを
思い出したくなったら

安曇野の夕暮れに
会いに行きましょう。


今日で334日

いよいよ今年も
あと1ヶ月。

2006年に忘れ物を
しないように

明日も明後日も
明々後日も

前を向いて

がんばって
歩いてゆきましょう。
[PR]
by mc1998r | 2006-11-30 21:57 | leaf | Trackback
白く白く白く
a0014840_20455725.jpg
11月の夕暮れの中では

里から上がる
あたたかな野焼きの煙も

山の上に
雪を降らせる冷たい雲も

同じように見える。

11月の夕暮れの中では

秋の匂いがする
野焼きの煙も

雪を降らせる
冷たい雲も

みんなおなじ
ひとつの風景の中で

つながって
重なって

白く白く

白く見える。
[PR]
by mc1998r | 2006-11-30 21:45 | leaf | Trackback
その一瞬を残したい
a0014840_22193757.jpg
どんなに忙しい時間でも
写真の中の風景は

とてもゆっくりとしている。

ほんとうならば
どんな時間も

ひとつ残らず
大事に受け止めて

生きてゆきたいけれど

朝の通勤時間や
約束が迫っているときには

どうしてもココロを
広げられないものなのです。

だからそんなときは
カメラにその思いを託して

その一瞬を残したい。

こうしてあらためて
その一瞬を見直していると

どんなに忙しい時間でも
写真の中の風景は

とてもゆっくりとしている。
[PR]
by mc1998r | 2006-11-29 22:27 | life | Trackback
火曜日の道 2
a0014840_19481288.jpg
火曜日は
雨ではじまる朝でした。

雨がやむと

時折雲が抜けて
青い空がチラリと

顔を覗かせては
いましたが

それでもやっぱり
空には重たい雲が

浮かんでいました。
a0014840_19483831.jpg
午後白馬に向かうクルマの中で

山に光が射しているのに
気づきました。

このまま天気は
良くなるのかな?

そう期待しながら
クルマは北へ。

気がつけば
先週の火曜日も

おなじ道で
おなじ景色を

見つめながら

白馬に向かっていた
自分がいました。

他愛もない偶然に
うれしくなった午後。
[PR]
by mc1998r | 2006-11-28 22:55 | life | Trackback
信州安曇野「わざび豆腐」
a0014840_2148398.jpg
安曇野豆腐シリーズ第23弾

今回は久しぶりに地元の豆腐を。

最近は安曇野豆腐シリーズと言っていながら
なかなか地元の豆腐が登場しない

よくわからないコーナーになっていました。

そういうわけで今回は

信州安曇野「わざび豆腐」です。

内容量 300g

製造は…、あ、

松本市笹賀にある田内屋さんだ!

安曇野ではないのね、、、

え~、気を取り直して

サブタイトル

・安曇野産茎わさび入り
・沖縄海水にがり使用
・上高地水系梓川伏流水使用

お~、ぽいね、ぽいね
安曇野っぽい感じがするね~

ちなみに大王わさび農場でも
売っていました。

さ、そういうわけで

お豆腐をいただきましょう!

いただきま~す

まーぐっ

ん~、これはいつもと
ちがう味だ

わざびっっぽい風味と
時々こりっとする茎の食感が

なんともシンセンだ。。。

これは安曇野らしくていいかも

本来は木綿派の僕ですが
これはこれでおいしいお豆腐かな。

安曇野を訪れた際には
お土産にいいかもしれませんね。


ということで今回は ☆☆☆
[PR]
by mc1998r | 2006-11-28 21:51 | 安曇野豆腐シリーズ | Trackback
信号待ちの風景に
a0014840_22423195.jpg
PM 8:29

松本の町で
信号待ちの風景に

ブルーイルミネーションと

流れる雨にゆれる
信号機の赤い色。

もうすぐ12月なんだな

いつのまにか
華やかになり始めた

町の空気を感じた夜。
[PR]
by mc1998r | 2006-11-27 22:45 | life | Trackback
月とひこうき雲
a0014840_17385279.jpg
夕暮れの空に
月が浮かんでいる。

寒い空に浮かんだ
月の明かりは

きらりとした輝きで

夕暮れに染まる
安曇野の空で

フシギな存在感を
見せている。

夕暮れの空に
月が浮かんでいる。

寒い空気を吸った
月の明かりは

夕暮れのサビシサを
打ち消すように

きらりとした輝きを
放ちながら

透明な存在感を
映している。
[PR]
by mc1998r | 2006-11-26 22:18 | leaf | Trackback
光の射す場所
a0014840_17162566.jpg
今日の安曇野は
昨日とはうってかわって

朝からくもりです。

でも昨日のような
寒さがないので

日中は窓を開けて
換気をしていても

寒くありませんでした。

お昼前に
ドライブに出かけると

くもった空から
光が射してきて

雪で白くなった山が
明るくなっていました。

ほ~

a0014840_17215829.jpg
くもりの日にも
カンドウはある。
[PR]
by mc1998r | 2006-11-26 17:27 | life | Trackback
朝の音
a0014840_21435614.jpg
AM 6:57

そして東の空に
ゆっくりと太陽が昇る

朝の光が安曇野を
一斉に照らしてゆく

気温0℃の
冷たい世界を

かすかな温もりが
照らしてゆく。

穂高駅を出発する
電車の音

鳥の声 
クルマの音

AM 7:00の音が
聞え始める。
[PR]
by mc1998r | 2006-11-25 22:00 | life | Trackback
煙雲
a0014840_2182092.jpg
煙雲(えんうん)

雲のように
高く空に上がる

煙のこと。

早朝の安曇野には
朝靄に混じって

かすかに野焼の
香りがする。
a0014840_21104222.jpg
空に高く上るはずの
野焼の煙は

ゆっくりと風にのって
低く里に伸びながら

やがて白い
アーチをつくる。

安曇野に
煙でできた白い虹。
[PR]
by mc1998r | 2006-11-25 21:30 | life | Trackback