<   2005年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧
日常風景
a0014840_22484122.jpg
これがこの季節の

安曇野の日常風景。

そろそろ雪のウワサが

里まで近づいてきました。

さて、明日からは

いよいよ12月。

今年もあと31日!

がんばってゆきましょう。
[PR]
by mc1998r | 2005-11-30 22:39 | life | Trackback
季節はけむる その2
a0014840_221159.jpg
目の前の家々だけでなく

その先にある山まで

覆ってしまいそうな

野焼きの煙に包まれながら

静かに安曇野の冬の一日が

暮れてゆきます。
[PR]
by mc1998r | 2005-11-29 22:28 | life | Trackback
知らない夕暮れ
a0014840_21574480.jpg
PM 4:40

今日の夕暮れは
佐久で迎えています。

この季節の夕暮れは
普通にしていても
寂しげな気持ちを誘うのに

安曇野じゃない町で
夕暮れを迎えると

なおさらその寂しさは
強くなります。

風に吹かれた枯葉が
僕の足元で踊る

部活を終えて
おうちを目指す子供たち

ヘッドライトが
家路を明るく照らしている

みんなが
帰るうちを目指して

みんなが
あたたかい場所を目指して

行き場のない枯葉と
僕を置いて

明かりのともった
お家へと帰ってゆきます。

ひとり夕暮れを見つめながら

なんとなく

置いてきぼりな
気持ちになった

知らない夕暮れの道で。
[PR]
by mc1998r | 2005-11-28 21:58 | 旅する時間 | Trackback
季節はけむる
a0014840_21442477.jpg
午後3時を過ぎると

ついさっきまで
そばにいた
太陽のぬくもりは

急速に失われて

あっというまに夕暮れが
やってくる。

その夕暮れも
夜の寒さには勝てず

ほんのわずかな間だけ
すばらしい空の色を
見せたかと思うと

やがて山の向こうへ。

残されたのは

蒼い空のシルエットと
安曇野にけむる野焼きの煙。
[PR]
by mc1998r | 2005-11-27 21:53 | life | Trackback
夕暮れに間にあえば
a0014840_23105361.jpg
PM 4:16

さきほどの上田の様子では
安曇野に戻る頃には

もう暗くなってしまうかな
と思っていたら

山を越えても

なんとか夕暮れに
間にあいました。

おかげで

今日は一日で二度
あえたような気がした
夕暮れ

今週もおつかれさまでした。
[PR]
by mc1998r | 2005-11-26 23:15 | life | Trackback
記憶の旅
a0014840_20364229.jpg
今日はちょっと上田に来ています

夕暮れの風景を見ていたら

なぜだか急に

なつかしい気分が
してきました。

このなつかしさは

どこから来たんだろう。
[PR]
by mc1998r | 2005-11-26 20:38 | 旅する時間 | Trackback
朝の空には月がいた。
a0014840_21181478.jpg
あと5日で12月。

このごろは
なんだか毎日が
あっというまで

もちろん今までも
忙しくなると

時間が経つのは
とても早く感じていたけど

最近のスピードは
かなりなもので。

今年もあと36日

うーん、

と思って
見上げた空には

月がいて

きれいな山がいて。

ふー

つまっていた呼吸が

窓の外の
冷たい朝の空気に混じって

消えていった。

さて、今日もがんばろう。
[PR]
by mc1998r | 2005-11-25 21:25 | life | Trackback
いつもの。。。
a0014840_21214897.jpg
いつものシェルでに

給油をしに行くと。。。

???

ん?

野菜???



も、売っているスタンドって

けっこう新しいかも。
[PR]
by mc1998r | 2005-11-24 21:23 | life | Trackback
遠く 遠く 遠く
a0014840_20415554.jpg
今日一日

安曇野は
静かでおだやかな
一日でした。

朝は少しもやっていたけど

日中は暖かくて

久しぶりに
ドライブがしたくなる
陽気でした。

遠く 遠く

山を越えて

空を越えて

遠い 遠い

冬の休日へと

僕らは旅に出た。

一日の終わりに見た

オーロラのような夕暮れ。
[PR]
by mc1998r | 2005-11-23 20:46 | life | Trackback
唐松林に陽が射して
a0014840_2317022.jpg
やわらかな
午後の陽射しの中を
クルマで走っていると

いつのまにか
秋色に染まった
唐松林に出会いました。

深く澄んだ青い空と
午後の陽射しを浴びた唐松林

ここにも小さな秋を
見つけました。
[PR]
by mc1998r | 2005-11-22 23:18 | life | Trackback