<   2005年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
自然って
a0014840_23144396.jpg
手に届くもの

届かないもの

どんなにお金持ちのヒトが
お金をかけても

どんなにえらいヒトが
時間をかけたとしても

どんなに僕たちが
がんばったとしても

空は変わらない

風は変えられない

山には届かない

手に届くもの

届かないもの

それがきっと自然なんだと

届かなくていいものなんだと

思った10月の終わり。


明日からは11月、

いよいよ2005年もあと2ヶ月です。

僕はちょっと2週間ほど

安曇野を留守にします。

しばらく安曇野の季節の移り変わりを

お伝えすることができませんが

ちがう町の風景を

お見せできたら連絡しますね。
[PR]
by mc1998r | 2005-10-31 23:22 | life | Trackback
今夜は久しぶりにコーヒーでも飲もう
a0014840_22411422.jpg

10月もそろそろ終わり

10月最後の日曜日の天気はいまひとつで

気温も上がらず

家の中でじっとしていると

もうストーブが必要なくらいの陽気です。

a0014840_22415590.jpg
すっきりとした秋晴れの空にも

きれいな夕焼けにも

会えなかった

ちょっと物足りない気分の日曜日

こんな日は久しぶりに

ふたりでコーヒーを飲もう

a0014840_2249368.jpg

ストーブをつけて

お気に入りの音楽をかけながら

コーヒーを飲む。

a0014840_22421159.jpg

こうしていると

寒くなるのも

けっこういいかも

と思えてくる。

「おやすみコーヒー」

また明日からがんばろう。
[PR]
by mc1998r | 2005-10-30 22:45 | coffee | Trackback
昔むかしの朝
a0014840_19326.jpg
土曜日

今朝は霧は出ていないけれど
快晴でもない

どんよりとした朝の始まり。

AM7:48

信号待ちの風景に

ふっと

昔々、そうまだ学生だった頃の
冷たい朝の空気に
会えたような気がしました。

おかげでちょっとだけ
ココロもすっきり。
[PR]
by mc1998r | 2005-10-29 23:22 | life | Trackback
微かな紅葉
a0014840_22212063.jpg
金曜日

今日は豊科の子供病院の通りを
走っていました。

今朝、安曇野を白く染めていた
キリたちは

いつのまにかとけて
やわらかな陽射しと

淡い青空に。

つまり安曇野は今日もいい天気です。

クルマの窓からは
気持ちよい秋の風

アルプスの山たちは
かすかにその姿を
空に写しながら

おだやかな昼下りは
過ぎてゆきます。

あっ

何気なくいつもとは
反対側の山の姿を見ていたら

ところどころに微かな紅葉

また少し、秋が
近づいてきました。
[PR]
by mc1998r | 2005-10-28 22:22 | life | Trackback
一息ふた息
a0014840_1948327.jpg
毎年、

10月の終わりの方になると
なぜだか忙しい。

毎年同じことを
しているわけでは
ないはずなのに

それでもなぜか

毎年この時期になると
忙しい。

でも、この忙しさは
学生時代の文化祭の
雰囲気に似ていて

ちょっとだけ心地よい

何かがはじまる
どきどきや

ひとつのゴールに向かって
走ってゆく気持ちよさ

10月の終わりの空気には
そんなすてきな匂いが
感じられるのです。

だから夕暮れをながめて
一息ついて。
[PR]
by mc1998r | 2005-10-27 22:01 | life | Trackback
夕暮れが連れてくるもの
a0014840_22311922.jpg
PM4:15

寒いね、と言葉にし始めた途端に

日暮れ時間が早くなったような気がします。

夕暮れはいろんなものを連れてきて、
いろんなものを連れ去って。

たとえば存在感のある自分の影を
連れてきたかと思えば

昼間の暖かさと共に僕のカラダの体温も
どこかへ連れ去ってしまいます。

夕暮れはいろんなものを連れてきて、
いろんなものを連れ去って。

たとえばそれが昔の時間で
たとえばそれが今の時間で。

つまり秋の日の夕暮れは

半分だけシアワセで
半分だけ寂しくて

オレンジ色をした
なんとも切ない思いを
連れてきてくれるのです。
[PR]
by mc1998r | 2005-10-26 22:34 | life | Trackback
青空を越えて季節は巡る。
a0014840_22423784.jpg
青空を越えて

山の向こうから

寒い季節がやってきた。

だんだんと

ゆっくりと

寒い冬が

僕たちの町に。

朝靄にかすんだ朝を
迎えるたびに

透明な夕暮れを
見つめるたびに

陽射しの暖かさと
夜の冷え込みが

深くなるのを感じます。

青空を越えて

山の向こうから

寒い季節がやってきた。

だんだんと

ゆっくりと

寒い冬が

僕たちの町に。


今日、中央アルプスにも
初冠雪があったそうです

またちょっと
冬に近くなりましたね、

大丈夫ですか。
[PR]
by mc1998r | 2005-10-25 22:50 | life | Trackback
夕暮れのシルエット
a0014840_21465493.jpg
帰り道

冷たい風に肩をすくめて

ただひとり歩いていた。

一瞬で追い越してゆく

クルマの後ろ姿を見ていると

なぜだか急に自分が

とても小さく思えてきた。

話しかける相手もいない帰り道

遠くの山に目をやれば

ちょっとだけ寂しげで

だけどちょっとだけやさしげな

夕暮れのシルエットが

僕にそっと

今日の終わりを教えてくれた。

今日も一日無事に終わったね

おつかれさま

また明日。
[PR]
by mc1998r | 2005-10-24 21:51 | life | Trackback
月と青空
a0014840_22152632.jpg
日曜日

10:10

安曇野はとてもいい青空。

そして青空の真ん中に

浮かぶ月。

今日はとても寒い朝でした

それもそのはず

ラジオでは乗鞍方面では

雪が降ったとか。

もうそんな季節なんだ、

そう思いながら見上げた山には

かすかに雪の姿が。

いつのまにか

安曇野から見える山にも初冠雪。

そしてゆっくりと

冬はやってきます。
[PR]
by mc1998r | 2005-10-23 22:08 | life | Trackback
まっすぐに伸びた道。
a0014840_2026958.jpg
今日の安曇野は

少し風があって

寒くて重たい曇り空。

時折明るくなって

晴れ間がさしてくるかな?

と期待していたけれど

なかなか思うようには
晴れてくれず

結局夜になって
冷たい雨が降り始めました。

日中、アスファルトの上で

枯れ葉が踊っているのを

近所の子猫が

フシギそうな表情で

必死に追いかけているのが

なんかかわいかったな。

そんなわけで

今日の一枚は

秋の空にまっすぐに伸びた道

でした。
[PR]
by mc1998r | 2005-10-22 20:25 | life | Trackback