カテゴリ:安曇野Blue( 33 )
安曇野blue day
a0014840_215028.jpg
PM 4:10

安曇野の
空の青

安曇野の
山の青

久しぶりに
感じた

安曇野ブルー。
[PR]
by mc1998r | 2013-11-23 21:07 | 安曇野Blue | Trackback
変わらない日々
a0014840_2362149.jpg
PM 6:06

夕暮れが
いつもより

きれいに
思えます。
[PR]
by mc1998r | 2013-03-11 23:44 | 安曇野Blue | Trackback
蒼いシルエット
a0014840_2252032.jpg
PM 5:11

10月の最後は
蒼いシルエット。

今日で
10月も終わり

安曇野は

すっかり
寒くなって

夏の暑さが
遠い日の

ことのように
思えます。

ふ〜

今日も一日、
おつかれさま。

11月も
自分らしく

歩いて
ゆきましょう。
[PR]
by mc1998r | 2012-10-31 22:55 | 安曇野Blue | Trackback
なんて言えばいいんだろう
a0014840_22132483.jpg
なんて言えば
いいんだろうね

この空の色。

安曇野の空は
透明に澄んで

なんて言えば
いいだろう

この空の色
この時間を。
[PR]
by mc1998r | 2012-03-21 22:14 | 安曇野Blue | Trackback
5月の蒼い夜
a0014840_221434.jpg
PM 7:04

そして安曇野は
蒼の時間へ。

さっきまでの
表情とはちがって

蒼く深い夜を
連想させる風景

月曜日も、
おつかれさま。
[PR]
by mc1998r | 2010-05-17 22:15 | 安曇野Blue | Trackback
秋の夕暮れはせつなくて
a0014840_22421491.jpg
9月の夕暮れは
どうしてこんなに

せつない色を
しているんだろう。

立ち止まり
じっと見つめていたら

からっぽの空に

僕のココロが
浮かんでいた。

秋の夕暮れは
どうしてこんなに

せつない色を
しているんだろう。

金木犀の
花の香りにきゅんとして

からっぽの空に

僕のココロが
吸い込まれていった。

9月の夕暮れは
どうしてこんなに

せつない気持ちに
なるんだろう。

午後6時
また少し

夕暮れが
早くなりました。
[PR]
by mc1998r | 2009-09-26 22:48 | 安曇野Blue | Trackback
夕暮れの安曇野で
a0014840_9565568.jpg
PM 4:44

そろそろ夕暮れの
安曇野で

空を見上げると

きれいな光の筋が
伸びてきていました。

永遠に
触れたような瞬間

今日も
ステキなカンドウを。
[PR]
by mc1998r | 2009-08-05 09:56 | 安曇野Blue | Trackback
確率
a0014840_23324671.jpg
強い風から
雨になった

土曜日の最後に
きれいな夕焼けが。

安曇野の風景は

いつも意外な
タイミングで

カンドウをつれてくる。

雨だと思って
空を見上げなかったら

見ることが
できなかった夕焼け

あきらめて
家に帰っていたら

気づくことが
できなかった風景。

カンドウに出会える確率は
いつも偶然とタイミング。
[PR]
by mc1998r | 2009-07-25 23:39 | 安曇野Blue | Trackback
瞬きが惜しいくらいに
a0014840_16592777.jpg
瞬きが惜しいくらい

安曇野の夕暮れは
刻一刻と変わり続ける。

その一秒一秒を
見逃さないように

僕はひとり
安曇野を歩く。

瞬きが惜しいくらい

安曇野の空の色は
変わり続ける。

その一瞬一瞬に
永遠の余韻を残して

僕はひとり
空を見上げる。

この写真は
午後5時少し前に見た

安曇野に降りてきた
蒼の時間。
[PR]
by mc1998r | 2008-12-03 21:53 | 安曇野Blue | Trackback
最高の一瞬
a0014840_23281117.jpg
最高の一瞬というのは
ほんとうに一瞬で

いつも通り過ぎた
時間の後で気づく。
[PR]
by mc1998r | 2008-11-11 23:08 | 安曇野Blue | Trackback