カテゴリ:安曇野豆腐シリーズ( 55 )
濃い豆乳使用濃厚とうふ冷やっこ
a0014840_20254856.jpg
安曇野豆腐シリーズ第55弾

今回はふるさと千葉の
スーパーで購入した

濃い豆乳使用
濃厚とうふ冷やっこ

販売は徳島県鳴門市の
さとの雪食品さんです。

内容量 400g

消泡剤不使用と
濃い豆乳使用に惹かれ

思わず購入。

さて、お味の方は

いただきます

こく、こくこくこくこくく

ん〜

濃厚な豆乳感と
大豆の味がおいしい

こくこくこく、こっくっ

これは食べれて
しまいますね

一度に400g食べて
しまいましたが満足満足。

安曇野でも
販売しないかなぁ

ということで今回は

☆☆☆☆
[PR]
by mc1998r | 2016-08-17 20:31 | 安曇野豆腐シリーズ
もめんごし 創業明治34年 手造りの味 特製とうふ 【再】
a0014840_19393311.jpg
安曇野豆腐シリーズ第54弾

かなり久しぶりな
感じがしておりますが。

今回は大町市にある栗林豆腐店

『もめんごし 創業明治34年 手造りの味 特製とうふ』です。

前回2008年に
取り上げてから8年振りですか

久しぶりにまじまじと見ると
あら、パッケージが青から白に。

内容量の表示も
「標準 450g」から標準がとれて「450g」に。

しかしパッケージに書かれている
言葉は変わることなく

「毎度有難う御座居ます。」
「当店は100%純豆を使用しています。」
「注意 お豆腐は生物ですから、お早めにお召し上がりください。」

まじめで律儀なお豆腐への愛を感じます。

ではいただきます。

まぐっ、こくこく、こくこくこく
こくこくこく。。。

ん~、変わらずに濃い。

豆腐の味がしっかりとしっかりと。

久しぶりに食べても
変わらないお豆腐屋さんの味に
ほっとしました。


ということで今回も ☆☆☆☆
[PR]
by mc1998r | 2016-06-16 19:43 | 安曇野豆腐シリーズ | Trackback
本にがり100% 信州豆腐安曇野もめん
a0014840_215183.jpg
安曇野豆腐シリーズ 第53弾

今回は久しぶりに
安曇野と書かれたお豆腐を。

本にがり100%
信州豆腐安曇野もめん

長野市若里にある信州豆腐工房
有限会社塚田五六商店さんのお豆腐です。

塚田さんといえば大容量800gで
おなじみの横綱木綿豆腐ですね

安曇野と書いてあったので
安曇野で作っているのかと思ったら
長野市だったんですね。

あ、でも安曇野産大豆100%
ということなので期待しましょう。

内容量 450g

さ、それではいただきましょう

いただきます、まぐっ

こくこくこく

ほ〜

しっかり豆腐の味が
していますね

安曇野産の大豆って案外
めずらしいのかもしれないので

これはいいかも。

ということで今回は ☆☆☆
[PR]
by mc1998r | 2015-09-16 22:05 | 安曇野豆腐シリーズ | Trackback
豊かな風味、広がる醤油で旨い!豆を味わう豆腐
a0014840_19165854.jpg
安曇野豆腐シリーズ 第52弾

夏はお豆腐を
食べたくなる季節。

ということで
今回は

豊かな風味、広がる
醤油で旨い!豆を味わう豆腐

今回はおかめ納豆でおなじみ
メジャーブランドの
タカノフーズ株式会社さんです。

あ、よくみると
ロゴはおかめ豆腐だ。

のれんをイメジーした
パッケージがなんともいいですね。

ではさっそく

いただきまーす

ぱく、ぱくぱくぱくくっ

コクコクコク

ごくっ…

う〜ん、豆を味わうと
いうだけあって、

しっかり豆の味も感じられて、
食感もあって、おいしい。

さすがは83年の歴史ある
タカノフーズ。

小分けで売っているのも
気遣いがあっていいですね。

ということで今回は
☆☆☆
[PR]
by mc1998r | 2015-09-12 19:27 | 安曇野豆腐シリーズ | Trackback
伝統の味日本橋 堅豆腐
a0014840_19201817.jpg
安曇野豆腐シリーズ 第51弾

夏になるとお豆腐率が
高くなって、安曇野豆腐シリーズが
更新されます。

さ、そういうわけで今回は

伝統の味 日本橋しっかり搾って堅く煮くずれしにくい
お豆腐に仕上げました。堅豆腐 にがり100%

です。

内容量は300g
製造は日本ビーンズ株式会社です。

パッケージ描かれた広重の日本橋が
なんとも江戸”日本橋”感を出しています。

それではいただきます。

まっぐ、こくこくこく



うん、堅豆腐というだけあって
しっかりした食感、そして大豆の風味

江戸の粋な夏の味を思わせる
お豆腐です。

というわけで今回は ☆☆☆
[PR]
by mc1998r | 2015-08-23 23:53 | 安曇野豆腐シリーズ | Trackback
北海道産大豆100%使用 相模屋木綿
a0014840_23192084.jpg
安曇野豆腐シリーズ 第50弾

今回は帰省中の
スーパーで見つけたお豆腐を。

北海道産大豆100%使用
相模屋木綿

北海道産大豆を100%使用し
甘みとコクを引き出した木綿とうふです。

とのこと。

製造は群馬県前橋市の
相模屋食料さんです。

内容量 300g

真ん中に描かれた
北海道が印象的ですね

さ、それではさっそく
いただきます

まぐ、こくこくこくこく

ん〜

夏はやっぱり冷や奴ですね〜
何もかけなくてもおいしい。

大豆の味もしっかり
感じられて、

ん〜、満足。

シンプルな
パッケージ同様に

素材でしっかり
美味しさを伝えられる

そんなお豆腐です。

ということで
今回は☆☆☆☆

最近はすっかり

安曇野豆腐シリーズと
いいながら、

全国版に
なっておりますが

おいしい豆腐があるならば
オーケーということで。
[PR]
by mc1998r | 2015-08-18 23:30 | 安曇野豆腐シリーズ | Trackback
もめん 500g
a0014840_19292371.jpg
安曇野豆腐シリーズ 第49弾

久しぶりの安曇野
豆腐シリーズですが

今回は
『沖縄産にがり使用もめん
 500gボリュームに満足』

製造は上伊那郡中川村の
すいれい豆腐株式会社です。

大きく書かれた
500gのインパクトに
早速購入。

内容量は当然500g

ではさっそく、
いただきます。

まぐっ、
こくこくこく

ごっくん。

ん〜夏に食べるのに
ふさわしい

木綿の食感、
そして味わい

ボリューム
だけではなく

しっかりと
味がしていて

おいしい。。

ということで
今回は☆☆☆

いや〜
やっぱり

夏の暑さには
お豆腐ですね。
[PR]
by mc1998r | 2015-07-26 19:36 | 安曇野豆腐シリーズ | Trackback
九州産大豆”フクユタカ”使用 木綿
a0014840_18565493.jpg
安曇野豆腐シリーズ 第48弾

今回は群馬県前橋市の
相模屋食料さんの

『九州産大豆
フクユタカ使用 木綿』です。

内容量 350g

相模屋食料さんは
言わずと知れたお豆腐の
トップブランド!

本当は安曇野豆腐シリーズと
言っているので

安曇野の豆腐をと
思っているのですが

なかなか。。

さ、気を取り直して
ではさっそく

いただきま〜す

こく、こくこくこくこく

…こくこくこく、ごくっ。

ん〜

程よく固い食感、
そしてフクユタカの味。

スーパーで買った
最近のお豆腐の中では

食感がいい感じで
おいしいです。

ということで

今回は ☆☆☆
[PR]
by mc1998r | 2015-01-12 22:25 | 安曇野豆腐シリーズ | Trackback
山新のもめんとうふ
a0014840_20475018.jpg
安曇野豆腐シリーズ 第47弾

今月は豆腐強化月間!
と勝手に決めて

さっそく
安曇野豆腐シリーズを。

今回は
「山新のもめんおとふ」

こちらは千葉県我孫子市の
㈲山新豆腐店さんです。

内容量 370g

素朴な雰囲気の
パッケージに

緑色の文字が
懐かしさを誘います。

さ、では
いただきますっ

ぱく、こくこくこく

ん?

こくこくこ、くっ

柔らかな食感、そして
水分を多く含んだ豆腐

遠くに大豆の風味が
しています。

そのまま食べるよりも
醤油などを使った方が

味が引き立つ、
そんな感じでしょうか。

ということで

今回は ☆☆
[PR]
by mc1998r | 2014-08-15 23:59 | 安曇野豆腐シリーズ | Trackback
手づくりもめん丸大豆100%とうふ
a0014840_11234853.jpg

安曇野豆腐シリーズ 第46弾

久しぶりに
安曇野豆腐シリーズを。

今回は安曇野市
堀金烏川にある

竹内商事さんの
「手づりもめん丸大豆100%とうふ」

内容量 300g

パッケージはいかにも
お豆腐屋さんの豆腐

といったシンプルで
懐かしい印象。

ではさっそくお味の方を

いただきま〜す

こく、こっくこっくこっく

ごっくっ。

ん〜

夏はやっぱり
豆腐がいいなぁ〜

おいしい。

お豆腐のお豆腐らしい
青さが残っていて

パッケージ同様
懐かしい味です。


ということで今回は

☆☆☆

安曇野豆腐シリーズ
一年振りかぁ、
がんばらなくては。
[PR]
by mc1998r | 2014-08-04 23:50 | 安曇野豆腐シリーズ | Trackback