忘れた頃に思い出す その4
a0014840_22582982.jpg
夜の京都の街を
歩いていると

突然時代劇に
迷い込んだかのような

しんと
静まり返った通りが

目の前に
あらわれます。

新撰組や銭形平次が
どこからか

僕を追い越して
ゆきそうな

a0014840_233862.jpgフシギな緊張感に
包まれて

でも時々こういった
お店の明かりと

中から漏れ聞える
笑い声にほっとして。

京都の街はフシギです

過去と現代とが
上手に同居していて

そして
京都の夜はフシギです。

a0014840_2364118.jpg
こうしてみると
普通の夜なのに

路地を歩いていると
フシギな緊張感が

いつも僕の後を
ついてくるのです。
[PR]
by mc1998r | 2009-11-11 23:07 | 旅する時間 | Trackback
トラックバックURL : http://beatmini.exblog.jp/tb/9231595
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< クルマに求めるものは 忘れた頃に思い出す その3 >>