夜のレール
a0014840_22531636.jpg
歩き疲れて
電車に乗り込めば

東京の電車は
暑かったのだと思い出した。

夕暮れの新宿の
ものすごいヒトの波をかき分けて

アルプス広場にたどり着き

ホームの階段を上がってゆくと
なぜかそこには信州の気配がした。

電車を待つヒトの
顔はみなおだやかで

朝の電車にはない
安堵の色が見える。

ゆっくりと電車が入ってくる

僕は窓際の特等席に
身をあずけて

電車が動き出すのを
待っている。

東京にいると
一日はあっというまで

でもあの頃よりは
少しだけやさしく思えた。

アナウンスの声

ゆっくり ゆっくり
電車は走り出す

窓の外に映る
新宿の明かりが

急に遠くなる

夜のレールに乗って
僕は安曇野へ帰る。
[PR]
by mc1998r | 2007-02-18 23:20 | 旅する時間 | Trackback
トラックバックURL : http://beatmini.exblog.jp/tb/5117202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< あとすこし さて正解です。 >>