京都散歩 ~アートの庭~
a0014840_2220137.jpg「京都府立陶板名画の庭」

  1994年安藤忠雄設計

彼女はここの絵を
見てみたいと言った。

僕はここが
どんなところなのか
見てみたかった。

a0014840_2221471.jpg陶板名画って?

調べてみると

「原画を撮影し、写真製版を転写した陶板を
焼成したものをパーツごとに組み合わせて
大きな絵画にしたもので、変色腐食の心配がない」

とのこと。


展示されていたものはa0014840_22273391.jpg

モネ作「睡蓮・朝」
ミケランジェロ作「最後の審判」
レオナルドダヴィンチ作
「最後の晩餐」などなど



a0014840_2222859.jpgほほ~、

青空の下で絵画を見るなんて

すばらしい発想だ、
そして安藤忠雄デザインも。

しかし…、できれば
もっと近くで、見たい。。。
[PR]
by mc1998r | 2006-05-20 00:10 | 旅する時間 | Trackback
トラックバックURL : http://beatmini.exblog.jp/tb/3626611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 世界の空に青空を 金曜日の雨の雫 >>