京葉線
a0014840_19193824.jpg久しぶりに
京葉線に乗った

ちょうど仕事帰りの
時間に重なって

あの頃僕が
そうしていたように

みんなどこか
タイヘンそうな表情で

本を読んだり
音楽を聴いたり

今の僕の住所は
ここにはないのに

電車の中の風景は
あの頃と何も
変わっていないかのように

静かに過ぎてゆきます。

窓の外の風景を
目で追っていたら

いろんなことが
思い出されて

窓ガラスに映る

夕暮れの海

飲んだ帰り道の
ぼんやりとした
春の街の明かり

冬の日 夏の日
そして春の日

いろんな思い出が
あるように

僕の中には
いろんな君がいる。
[PR]
by mc1998r | 2006-02-18 23:16 | 旅する時間 | Trackback
トラックバックURL : http://beatmini.exblog.jp/tb/3228123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 寒いと冷たい 頼れるマシン >>