氷柱
a0014840_20485732.jpg
昨夜降った
雪が溶けて

屋根から
ゆっくりと

つららが
伸びてきた。

つららが
映し出す

透明で
小さな世界は

子供の
頃に見た

冬の時間と
何も変わらない。

僕たちの
毎日は

様々なことが
あって

日々色々と
変化して

変わらない
ことなんて

ほとんど
ないけれど

冬に現れる
つららは

いつだって
僕たちを

シンプルだった
あの頃に

連れて
いってくれる。
[PR]
by mc1998r | 2015-01-17 21:07 | life | Trackback
トラックバックURL : http://beatmini.exblog.jp/tb/20736796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 寒さに負けず 週末少し前 >>